マウスピース矯正の適応について

投稿日: カテゴリー: mouth

私はマウスピース矯正治療が日本で普及し始めた10年ほど前、あるきっかけで、マウスピース矯正治療を始めました。 (正確にはもっと以前から日本でマウスピース矯正を行っている歯科医師はいましたが。)

当初はワイヤー矯正の補助的な装置として簡単なねじれや、前歯1本の矯正などが主でした。

実際にどこまでが適応できるかも試行錯誤でしたので、症例を選んで治療を行っていました。

 

月日が経つにつれ症例数も増え、マウスピース矯正がワイヤー矯正より優位な場合がある事に気が付きました。

具体的にお話すると歯を抜かないで前歯の不揃いを治したい場合、ワイヤー矯正ですと初期のワイヤーを入れた時、歯が前に傾斜してしまう事が多いです。

簡単にいうと出っ歯になるイメージです。これをマウスピース矯正で行うとあくまで前歯の位置は維持したまま治療を進める事ができるのです。

 

その他にも左右で非対称の歯列をしている方の場合、ワイヤー矯正で初期のワイヤーを入れるとより非対称が大きくなる現象があります。

マウスピース矯正では歯列の形を自分で指示できるのでそのような不具合を事前に防ぐことが可能です。

 

まだまだワイヤー矯正が良くてマウスピース矯正が不十分という認識が日本では主流だと思います。

どちらが良いというより、その特性を生かした矯正治療が今後普及していく事を願っております。