症例

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)の症例紹介

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)の症例をご紹介します。*結果については個人差があります。

治療例-1

初診時
上の前歯が出ています。
上の前歯は真中の2本が出ていて凸凹です。
下の前歯に凸凹があります。

12ヶ月半後
上の前歯は引っ込みました。
上の前歯は引込み凸凹も治療。
下の前歯の凸凹も治りました。
施術前後をアニメで。
施術前後をアニメで。
施術前後をアニメで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22歳男性。上の前歯が出ていることと、でこぼこが気になるとのことで来院されました。
診断:上下顎叢生を伴う上顎全突症
マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)にて治療を行いました。上顎前歯の唇側傾斜と叢生の改善は、歯のスライシングと側方拡大にて行いました。
動的治療期間:2年1ヶ月
費用:804,000円(税別)
【矯正治療の副作用・リスク等】マウスピース型矯正歯科装置は、使用しないと歯が動きません。スライシングを行うと、一時的な歯の冷水痛を生じることがあります。また、成人の歯列の側方拡大には限界があり、歯肉退縮や治療後の後戻りのリスクがあります。マウスピース矯正単独では、咬み合わせの改善が困難なことがあります。

治療例-2

初診時
上右側の前歯が1本引っ込み下も凸凹。
右側の前歯が1本引っ込んでいて
下の前歯が凸凹しています。

14ヶ月後
上下ともきちんと咬んでいます。
上の前歯はきれいに並びました。
下の前歯もきれいに並びました。
施術前後をアニメで。
施術前後をアニメで。
施術前後をアニメで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

29歳。主訴:上の右側の前歯が1本後ろに引っ込んでいる 診断:上下顎叢生
マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)にて治療を行いました。
動的治療期間:1年半
費用:771,000円(税別)
上下顎叢生改善のために、上下顎前歯部にスライシングを行っています。上顎右側側切歯舌側転位の改善にあたり、上顎右側側切歯が下顎前歯を乗り越えるまでの間、お食事のときなどに歯同士が強くぶつかり、物が食べにくい期間があります(3ヶ月ほど)。
【矯正治療の副作用・リスク等】上顎右側側切歯舌側転位は後戻りしやすいです。マウスピース型矯正歯科装置は、使用しないと歯が動きません。スライシングを行うと、一時的な歯の冷水痛を生じることがあります。マウスピース矯正単独では、咬み合わせの改善が困難なことがあります。

治療例-3

初診時
左前歯が出て咬み合わせ深いです。
左の前歯1本が出ています。
下の前歯に凸凹があります。

12ヶ月後
前歯も引っ込み咬み合わせも治療。
前歯はきれいに並びました。
下の前歯の凸凹が治りました。
施術前後をアニメで。
施術前後をアニメで。
施術前後をアニメで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

26歳。主訴:左の前歯が出ている 診断:上下顎叢生
マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)にて治療を行いました。
動的治療期間:1年半
費用:770,000円
上下顎叢生改善のために、上下顎前歯部にスライシングを行っております。
【矯正治療の副作用・リスク等】マウスピース型矯正歯科装置は、使用しないと歯が動きません。スライシングを行うと、一時的な歯の冷水痛を生じることがあります。下顎前歯の叢生量が大きく、下顎前歯が後戻りしやすいです。マウスピース矯正単独では、咬み合わせの改善が困難なことがあります。

費用の内訳

  • 基本料金
  • 処置料(動的治療時)
  • 保定装置代

別途保定時の処置料として約12,000~30,000円(税別)がかかります。保定期間により変わります。
*破損などにより新しく作製する保定装置代は別途