インビザライン 治療の流れ

Step1.まずは相談にお越し下さい

歯並びを拝見させていただき、マウスピース矯正で対応可能かどうかお話させていただきます。治療期間や費用などの目安についてご説明いたします。時間は30分程度です。疑問や不安に思われることは何でもご質問ください。
当院の歯科医師は2006年にインビザライン認定ドクターを取得しております。

*相談料2,000円(税込)

Step2.精密検査を行います

インビザラインによる矯正を希望される場合、レントゲン写真、歯型などの資料を取ります。この資料を基に、それぞれの患者様に合った治療方針を決めます。
(インビザライン専用の歯型が別に必要になる為、通常検査は2回通院して頂く必要があります)

*検査、診断料29,000円(税別) *インビザライン専用歯型とり10,000円(税別)

Step3.綿密な計画を立て、ご説明します

レントゲンや歯の模型などの検査結果をもとに、「クリンチェック治療計画」と呼ばれる3Dコンピュータ画像にて、治療開始から完了までのシミュレーションを行います。このとき、ご自分の歯がどのように動いていくのかを、立体的なアニメーション画像でご確認いただけます。

*未成年の方は保護者の方の同伴が必要です。

Step4.ドクターがインビザラインを発注します

歯型、治療計画、レントゲン写真などを米国のアライン社(インビザラインを設計、製造、販売している会社)に郵送します。患者さまの歯型などのデータから、アライン社の担当スタッフがデジタル3Dの歯列を作製。患者さま一人ひとりに合わせたマウスピース(アライナー)が作製されます。

全てのマウスピースがパッケージ化され、箱に詰められて日本へ送られてきます。(平均30個〜50個。個人差あり。患者さまの要望によっても個数は変わります。)

Step5.装置が到着し、治療を開始します

マウスピース装置をつけて治療を開始します。海外の会社との打ち合わせにて装置を発注するため、精密検査から最初の装置が装着できるまで、最速で2か月位とお考えください。

初期の通院は月1回のペースですが、順調に動いていれば6週〜10週に一度通院していただき、歯の動きを点検します。通院時に補助装置の追加やスライシング(歯の側面をスライスする事)を行う事があります。

マウスピースを2週間ずつ、ドクターの指示によりつけ替えていきます。治療期間は通常1〜2年程度です。

Step6.保定期間に入ります

歯並びを改善しても、舌の癖などが原因で元の状態に戻ってしまうことがあります。きれいな歯並びを安定させるため、1年以上保定装置(リテーナー)をつけます。この間、3〜6ヵ月に一度通院していただき、歯並びや歯の状態をチェックします。